2018.12.20

Japanese Homework and Diary

The diary

没山的地方真的很没劲。这是我的偏见,但我不会改变。
离台前争取把这套《丰子恺全集》看完。看不完文字也要把美术卷都过一遍~!

Tamkung大学の図書館何回も行きました。読みたい本が多いすぎる。どうしよう!先週から一ヶ月台湾の暮らしが終わった。まだ続ける。毎日外食するけど、食べたい物やいきたいレストランがまだいっぱいある。最高! 豆腐系の物がたくさんあるし、手作りの豆腐もどこでもあります。安くてめっちゃおいしい。毎朝朝市に行って、しあわせすぎる。前知り合い人と話して 「シえさん、好きな住んでいる場所はどんな場所ですか」と言った。 「火山がある島です。暖かい天気、palm treeもあるし、美味しいものもあるし、最高の図書館もあるし。あと、うるさい都会じゃない、でも便利なところです。」「うん、それなら、便利なこと、ちょっと難しいな。」

全然難しくない。このへんは完璧な例です。

今年最後の読んでいる本は「気まずい」というテーマです。毎年、人に信頼ことができなくなりました。それは、客観的な観察をした結果です。今年日本語のレッスンの最後の宿題を付きました。今年4月から初めて真剣的に勉強している、でも、「日本が大好き」ことがだんだんできませんでした。でも、私の心の中に、日本のデイザンはまだ世界の一番だと思っている。デイザン以外、hard to say. 日本語の勉強する理由が弱くなった。 でも、日本の暮らしの経験のおかげさまで、自分の壊れた心やたましが癒しました。二年ぐらい日本に住んだら、良いことや悪いことが全部覚える。I don’t forget. I don’t forgive. I only accept this is what happened. 台湾にいて、めっちゃよかった。thank God.